会社概要

Home会社概要> 沿革

沿革

 
1969年6月
下関市山口銀行本店で創立総会開催 (資本金1億800万円)
1969年6月
創立登記
1969年8月
韓国側の釜関フェリー㈱設立
1970年6月
日本側の第1船「フェリー関釜」就航
1970年11月
午前10時発を午後5時発の夜間航海に切替
1971年2月
国鉄コンテナ輸送開始
1971年8月
韓国内陸への輸送拡大
1973年8月
ジュネーブ協定による「国際道路交通条約」に韓国加盟、
臨時措置である仮免許証は国際ライセンスに切替え
1974年4月
夏期便増便を実施
1974年10月
自動車の韓国乗り入れ禁止
1976年7月
「フェリー関釜」大型船(総トン数6,590)に代替
1981年3月
韓国税関庁告示によりて自家兼用車の済州道(島)限定乗入れ
及び指定物資積出しの冷凍車などの特殊車の乗入れ許可を発表
1981年4月
済州島迄の乗用車の限定乗入れ再開
1981年8月
乗用車、韓国全土に乗入れ解禁
1983年4月
韓国側「フェリー釜関」就航
1983年5月
「フェリー釜関」就航により毎日運航開始
1984年9月
「フェリー関釜」大型船(総トン数6,590)に代替
1988年5月
下関国際ターミナル完成
1988年6月
本社新社屋完成、事務所移転
1988年6月
下関国際ターミナル供用開始
1988年8月
完全毎日運航開始
1989年1月
韓国の海外旅行自由化実施
1998年8月
新造船「はまゆう」就航
2001年8月
午後6時発を午後7時に切替
2002年5月
韓国側の新造船「星希」就航
2006年4月
午前8時30分下関港着を午前8時に切替
2012年7月
午前8時00分下関港着を午前7時45分に切替
2013年12月
午後7時00分下関港発を午後9時00分に切替
2014年3月
午後9時00分下関港発を午後7時45分に切替
Instagramロゴ Facebookロゴ
トップへ
フェリーの予約
フェリーの予約